肉食

girl sits in the bed

ハイクラスの女の子ばかりが在籍するお店です!池袋でデリヘルをお探しでしたらこちらをチェックしてみてくださいね!

銀座でデリヘルを探している方にオススメなのがこのお店です!本当に美女だけしかいないので安心ですよ!

俺はSな女の子が大好きだ。
そんなSなデリヘル嬢との絡みを紹介したいと思う。

・肉食系人妻デリヘルで果てしないフェラと、デリヘル嬢の搾精
人妻専門のデリヘルで俺が指名したのは30代の女性でホテルの部屋に入ってきた彼女は玄関先であいさつするとそのまま俺に抱きつきキスをしてきた。
彼女の舌が俺の口の中に侵入してくるので俺のそのまま彼女の舌に自分の舌を絡める。
そのままキスをしながら彼女は俺の服を脱がせ、ベットに連れていく。
彼女も俺も全裸になると、キスでギンギンになってしまった俺のチンコを彼女は咥えこむ。
キスの時に感じたが、彼女の舌は最高に気持ちがいい。そして吸いつきもハンパではない。
そのまま彼女の口に1回目を出すと、射精が終わらないうちに彼女はさらに吸いついてくる。
今度はシックスナインの格好で彼女のマンコを吸いつきながら俺は2回目の射精を彼女の口の中にした。
そこでやっと風呂に入ったのだが、彼女にスケベ椅子に座らせた俺は彼女の手の動きでまたもや勃起してしまう。
本日3回目のプレイは風呂の中で彼女にアナルを弄られながらの手コキで射精をした。
1日で3回も出すのが初めてだと言うと、彼女は「4回出そうか?」といって風呂でさらにフェラしてきた。

安くヌケるのが熊谷のデリヘルです。綺麗系やロリ系巨乳など、さまざまなタイプの女の子が在籍しています。

girl wearing black underwear

一つに絞って

sexy girl

興味はあるけれど、いざ実践というには思い切りが足りない。
代表例としては、風俗がやっぱり挙げられるでしょうね。

世に生きる男性で、風俗にまったく興味がない、という人はむしろ少数派でしょう。
しかし、風俗を利用している、という愛好者の数もまた、どちらかと言えばマイノリティではないかと思います。

それは、風俗に関する知識、情報が、やっぱり表には出回らないから、
誰でも利用できる大衆用サービスにも関わらず、性、というデリケートな一面を担っているため、積極的に利用しようと心がけないと、いつまで経っても手元には降りてこないのです。
とは言え、大口を開いて「風俗のことが知りたい!」とは、なかなか言えないもの。
必然的に、誰にも知られずにこっそりと情報収集のできる、インターネットへと関心が迫っていくわけです。

しかし、インターネットは逆に、情報が氾濫しすぎている。
なさすぎても困るけれど、ありすぎても困る、というちょっと困った状態になっています。
ちょっと絞って探さないと、とてもではないですが、まともに情報収集はできません。

というわけでここでは、風俗の一つ、デリヘルに絞った情報の提供をしてみたいと思います。
なぜデリヘルか。それは、風俗初心者にはうってつけの、いわば入り口のようなものだから。
かと言って、初心者専用の緩いサービスしかないのかと言えば、そんなことはありません。
デリヘルは、基本にして究極。
初心者から熟練者まで、風俗好きなありとあらゆる人に、デリヘルは好まれているのです。

そんなデリヘルの魅力について、ここで学んでいきませんか?

girl wears underwear

デリヘルとは?

girl is lying

そして次に説明するのがデリバリーヘルスと呼ばれるものです。
これは名前の通りデリバリー=配達をするもので出張型ヘルスとも呼ばれたりします。

どこまで配達してくれるのかというと、お客の自宅までで、このデリバリーヘルスは自宅でサービスを受けることが出来るものとして、人気があるものになっています。
他に指定があればホテルなどにも出張は可能で、わざわざこちらがお店に行かなくても予約すれば向こうから来てくれるので、メリットはまさに“動かなくても良い事”ということに限ります。

サービス内容はさっきのファッションヘルスとほぼ同内容で、オプションとして別料金を支払うことでまた違うサービスを受けることも出来ます。

ですがやはりここでも本番行為というものは禁止されていて、自宅だから大丈夫だと強要してしまったりすると、お店から多額の賠償金を請求されたり、場合によっては訴えられたりしてしまうこともありますので、絶対に強要しないようにしてくださいね。

近頃ではこのデリヘルのような出張型の営業形態のお店が増え、店舗を構えなくても営業出来るというのが大きく関係しているのでしょう。

そしてこれも料金は比較的お手頃で、しかも女の子やサービスの質も良いことから、今こういったデリバリーヘルスに人気が集まっているようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加